●2017年10月20日(金)恵那市・yama5ya

0
    小川倫生&伊藤賢一 ジョイント・ライブ・ツアー
    恵那市 yama5ya
    【場所】岐阜県恵那市三郷町佐々良木1828−254
    【電話】0573−28−2092
    【チャージ】¥2500(要別途1ドリンク1オーダー)
    【開場】18:30
    【開演】19:00
    チケット予約フォーム⇒http://ogawa-michio.com/toi/

    ●2017年10月21日(土)一宮・Denpo-G Studio

    0

      小川倫生&伊藤賢一 ジョイント・ライブ・ツアー
      一宮 Denpo-G Studio
      【場所】愛知県一宮市丹陽町伝法寺字西野田
      【お問い合わせ】 info@denpo-g.com 
      【チャージ】¥3000
      【開場】17:30
      【開演】18:00
      チケット予約フォーム⇒http://ogawa-michio.com/toi/

       


      ●2017年10月22日(日)大阪・5th Street(2階)

      0

        小川倫生&伊藤賢一 ジョイント・ライブ・ツアー
        大阪 5th Street(2階)
        【場所】大阪府大阪市西区南堀江1−1−12 浅尾ビル
        【電話】06−6538−1533
        【チャージ】¥3000
        【開場】17:00
        【開演】18:00
        チケット予約フォーム⇒http://ogawa-michio.com/toi/

         


        << | 2/2PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        facabook

        twitter

        selected entries

        archives

        recommend

        スプリングサインズ (incl.スプリングアナライズ)
        スプリングサインズ (incl.スプリングアナライズ) (JUGEMレビュー »)
        小川倫生
        『音のカケラを拾い集め作った春のモザイクたち』
        ナイーブなギターが春の野原へと誘う、小川倫生のセカンドアルバム

        制作当時のスケッチ音源や、ハードディスク・クラッシュによって失われ、そのまま忘れ去られた未発表曲のデモ音源をプラスし2枚組としてリイシュー。
        小川倫生のアルバムの中で最も実験的なコンセプトを持ち、謎に満ちたアルバム『スプリングサインズ』の世界がより際立つ。全28曲。

        recommend

        太陽と羅針盤
        太陽と羅針盤 (JUGEMレビュー »)
        小川倫生
        「アコーステック・ギターの奏でるピュアな音世界」

        -小川倫生の記念すべきファースト・アルバム-

        ファースト・アルバム『太陽と羅針盤』は、小川倫生のアコースティック・ギターによる全篇インストアルバム。ケルトや北欧のトラディショナルを上手に消化しつつ、すでに彼独自の世界を構築しているのは驚きだ。
        リリース15周年を記念して新装再発売。リマスターによるさらなる高音質、ジャケットデザインもリニューアルして作品の持ってる世界観をさらに際立たせている。1998年発表作品。

        recommend

        Night Jasmine/ナイト・ジャスミン
        Night Jasmine/ナイト・ジャスミン (JUGEMレビュー »)
        小川倫生
        「ジャンルを超えた革新的な音の世界」

        -Solo Guitarで挑む小川倫生の3rd.Album-

        ソロ・ギタリストとしての小川倫生を決定づけたベストセラー盤。
        リリース10周年を記念して新装再発売。リマスターを施し、ジャケットも紙ジャケになりました。2003年発表作品。

        recommend

        PROMINENCE
        PROMINENCE (JUGEMレビュー »)
        小川倫生
        -降りそそぐ音たち-
        限りなく繊細 そしてダイナミック

        繊細な心象風景を多彩な変則チューニングを使って表現。 不思議な感覚を呼び覚ます作品。

        「雪夢 長雨」は冬から春にかけての季節の移ろいをギター1本に託して描いており、無数の雨粒のようなタッピングはスティーブ・ライヒを想わせる。 6曲目に収録のこのアルバム唯一のカバー曲は、20世紀初頭のフランスの作曲家Jehan Alainの「Choral Dorien」、イングランドのハーディー・ガーディー奏者Nigel Eatonの「Jasmine Sweet」を大胆に取り上げる。

        recommend

        シーベグ・シーモア/Si Bheag,Si Mhor
        シーベグ・シーモア/Si Bheag,Si Mhor (JUGEMレビュー »)
        小川倫生
        ソロギタリスト小川倫生(おがわみちお)の独自の解釈が、オキャロランの音楽に新風を吹き込んだ。
        オキャロランの楽曲カバーを中心に、オリジナル曲を交えながらお届けする今作品。小川倫生にとって6枚目のアルバムとなる。

        「ターロック・オキャロラン 1670年-1738年」
        アイルランドの伝説的な盲目のハープ奏者にして作曲家。知られているだけで200を超える曲を遺し、アイルランドに於いて「国民的作曲家」「アイルランドの最後の吟遊詩人」と称されている。彼の哀愁を誘う作風は、広く愛され、今もなお多くの人に弾き継がれている。

        recommend

        雪夢 YUKI YUME+3
        雪夢 YUKI YUME+3 (JUGEMレビュー »)
        小川倫生
        冬空に響くギター

        1998年、アコースティック・ギター界に大きな衝撃を与えたファーストアルバム『太陽と羅針盤』。それ以前にカセットテープのみで存在したという幻のアルバム『雪夢』(オリジナルリリースは1996年)。小川は「当時はプライベートなアルバムで世に発表するつもりじゃなかった。自分の為だけであり、純粋に冬の空の為だけであった音楽。」と云う。
        新たにオリジナルテープよりデジタルリマスタリング。そこに当時の未発表曲を3曲加え奇跡の復刻。

        recommend

        LAST TRAP
        LAST TRAP (JUGEMレビュー »)
        小川倫生,伊藤賢一
        小川倫生と伊藤賢一の繰り広げるインタープレイが、現代から十四世紀を遡る。
        「LAST TRAP」

        同世代の二人のアコースティック・ギタリストが、初めて放つデュオ・アルバム。
        息遣い、鼓動、タイミングを計る足音・・・スタジオ一発録りの緊張感の中、二人から発せられる音がダイレクトに伝わる。

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM